お知らせ 

2019-09-18 17:39:00

感謝でーす、合掌!

言葉では簡単ですが、

本当の感謝の効果は

身体に広がるほんわかした、温かい、広がる、緩む、といった効果なんです。

これが現実、何にもポジティブな要素がない、希望も持てないような状況では

なかなかこの感謝の波動が作れないですね。

わたしも経験があります。

しかし、不平不満、心配、不安、おそれ、など実は未来に対して

怒りや、失望、絶望、過去に対して、などは、自分の外側に向かっての気持ちなのですが

実は自分の体にも相当な影響があります。

お父さんの肝臓がんを機にいろいろ勉強になりました。

肝臓は、不平不満などの気持ちにとても敏感です。

その対極にある感情は、(((( わたしは愛に包まれている ))))という感情だといいます。

しかし、

生い立ちや、環境などの状況もあり、

不平不満がパワーとなり、成長してきたという事実もあります。

わたしも現に、恨みや悲しみがパワーとなって借金を返すパワーになったこともあります。完済目前に病気が発覚したので

思考パターンが体を傷つけるということも体験しました。

病気は自分で作ります。治すのも自分です。ともに生きてくのも自分です。

最近とても気になるのが

放射能のこと、農薬のこと、もちろん体に入ってくるのをできるだけ防ぎたいものではありますが、食べ物を口に入れるとき

感謝の波動でいただいてください。

恐れや、怒りなどと一緒に食べたものは、どんなにいいものでも身体を傷つけます。

感謝の波動は、この地球に産まれ、この人生というチャンスをいただき、全うするために必要不可欠の感情です。

 

娘のそまが中学校で出る給食が大好きです。

先日、給食を食べているとき、同級生が「まずい、これも、あれも、まずい。」といって嫌な顔をしてパクパク食べてるそまに「よく食べれるね。」などの発言もあり、あまりいい雰囲気ではなかったようです。

帰ってきたとき、そまが毎日給食を作ってくれてるおばさんたちがかわいそう・・と言って泣きました。わたしは、は!っとしました。

学校給食がよくないとか、私も以前はそう思っていました。でもその不安や怒りの気持ち、その疑いの視線がまた傷つけます。

給食を作る人も、だれも悪意を持って作っている人はいません!信頼しましょう。

そまのように、いただきます、美味しいな、おばさんたちありがとう!と思って食べる。それは、体だけじゃなく、心にも栄養になる。とても大事なことを教わった気がしました。

 

愛と感謝の波動はどこまでも広がり、続きますように。

 

Ong Namo Guru Dev Namo.

3回唱えれば、愛と感謝、私たちの神聖な部分とアクセスします。

是非クラスで感謝の波動と同じ、このマントラを唱えてからヨーガしましょう!